学校法人仙台北学園 仙台リハビリテーション専門学校

作業療法学科

専門分野をはじめ、生理学や介護などについても学習。

作業療法は、手芸、工作をはじめ作業活動を行うことによって、日常生活動作の応用動作能力と社会的適応能力の回復を図るものです。作業療法の対象となる障害には、身体障害、精神障害、子どもを対象とした発達障害、加齢によって起こる老年期障害があります。
作業療法士は、対象者の障害に加え、家庭環境や職業なども考慮して治療プログラムを作成し、治療訓練を行います。
一年次のカリキュラムは、医療人に必要な一般教養と解剖学、生理学といった作業療法士の基礎となる科目を学びます。二年次は専門科目を中心に習得するとともに、医療・福祉・保健の連携が今後求められることから、看護や介護などについても学びます。三年次は臨床実習を中心に実践的な力をつけ、国家試験合格をめざします。

学生たち

相手との信頼関係を築き、前向きな気持ちになるように。

作業療法士は「人」と関わる仕事です。対象者は、心身になんらかの障害を持った人たちであり、うまくコミュニケーションがとれ、信頼関係が築けなくては、治療訓練もうまく行えません。そのためには、相手の心の動きを敏感に感じ取り、気持ちを理解するように努めることが大事です。そして、対象者の心に寄り添い、前向きな気持ちになるようにサポートしていく必要があります。
本校では、少人数教育の特性を生かし、講義や実習などを通して、洞察力と豊かな感受性を養っていきます。

message

作業療法学科
学科長からのメッセージ

作業療法士の“作業”というのは、手芸や木工といった手工芸活動だけではなく、遊びや気分転換、さらには日常生活において行う仕事、諸動作(料理、掃除、洗濯…)などを含めて、「一緒に何かをする」という大きな概念を指しています。対象となるのは赤ちゃんからお年寄りまでで、作業療法士は、その人らしさを引き出していく伴走者(we are always beside you)と言ったらいいでしょうか。
少子高齢化社会が進んでいる中で、医療機関だけでなく老ホームや在宅(保健や福祉の領域)などで、いかにその人らしさをキープしていただけるための知識や技術がこれからますます必要とされます。本校は、そうした「高齢化社会に対応でき得る人材の養成」をめざし、1年次で介護体験実習を課すなどカリキュラムも工夫しています。授業についても、受動的に講義を聞くだけでなく、グループワーク活動などの参加型の授業を取り入れ、自分自身を理解するとともに、作業療法士として必要な資質を養っていきます。

プログラム

カリキュラム