資格取得を目指す方へ

国家試験全員合格へ、充実のサポート。

作業療法士や理学療法士としてリハビリテーションの仕事に就くには、まず国家資格を取得する必要があります。国家試験での受験資格は、文部科学大臣または厚生労働大臣が指定した養成校において、3年以上の療法士として必要な知識および技能を修得した者と定められています。国家試験は1年に1回行われ、合格した者には「理学療法士及び作業療法士法」にもとづき、厚生労働大臣から免許が与えられ、理学療法士名簿・作業療法士名簿に登録されます。

国家試験強化対策
3年次(11月〜3月)

本校では、国家試験受験に向けた模擬試験や対策講義を行い、合格レベルまで徹底して個人指導を行って、全員合格をめざします。筆記試験は、解剖学、生理学、運動学、病理学概論、臨床心理学、臨床医学大要、理学療法、作業療法など。3年間しっかり学び、必要な知識と技術、実践力を身につければ、試験は難しくありません。
※ただし、国家資格取得は卒業が前提のため、卒業できなくては無効になってしまいます。

共通科目集中講義
  • 全員合格を目指し、共通科目で5日間の集中講義を実施します。
国家試験ガイダンス
  • 試験問題は午前と午後の各100問の問題で、試験時間は各2時間40分です。午前、午後も出題範囲などは一緒です。
  • 出題形式は5つの選択肢から正解肢を選択する「五肢択一」方式です。
  • 最初の50問は理学療法・作業療法「専門問題」であり、20問までが症例及び図問題で、残り30問が一般問題です。後半の50問は共通問題です。
  • 内容は、評価法(検査・測定)、日常生活活動、物理療法、運動療法、義肢装具などです。
模擬試験
  • 11月より10日ごとに共通科目・専門科目の模擬試験を実施し、状況を把握します。
  • 国家試験までの毎週、試験対策の補講。
  • 1月初旬には過去5年の試験解説を読了。
  • 国試塾
    1年次〜

    17:00~18:00の授業時間外に、出題率の高い基礎科目の強化授業を行っています。

  • 個別指導
    1年次〜

    苦手科目の克服や学力の底上げを1対1でサポートします。

  • 全国模試
    1年次〜

    基礎科目定着の確認のため、全国模試を受験。昨年は全国総合3位*の実力です。

*医歯薬出版2016年PT・OT専門基礎3科目模擬試験。現2年生(1年次)が受験し、専門学校・大学を含めたPT・OT総合3位に。PT専門学校部門では全国2位。

ページのトップへ