卒業生の声

 
作業療法学科OG

現在は脳神経外科や整形・内科疾患の方のリハビリに関わり、医師やPTと連携しながら、手機能の回復や日常生活に向けての練習、筋力トレーニングを行っています。疾患と時期によっては、血圧等のリスク管理が重要だったり、呼吸器をつけたまま作業をすることもあります。中にはリハビリと聞いて敬遠される方もいるのですが、生活背景を伺い、その方が好きな作業を取り入れられるのがOTの魅力です。学校では「病気ではなく、その方自身を見ることが大事」と教わりました。今でも時々教科書を読み返し、原点に立ち返ります。

作業療法学科2012年卒業

小島 萌乃 さん

勤務先:公益財団法人宮城厚生協会 坂総合病院

訓練や自助具によって、出来なかったことが出来るようになった方に「ありがとう」と感謝されるのはやはり嬉しい。あるお婆ちゃんに「大好きです」って言葉をもらったことは特に印象に残っています。

理学療法学科OB

この病院では、中枢疾患の患者様や通所・訪問リハビリの高齢者様を中心に、整形外科で急性期の治療を終えた幅広い年代の方のリハビリテ―ションを行っています。私は今は介護部門の担当。まず話をよく聞き、目標を設定して、一緒に訓練に取り組みます。お家の話題を楽しそうに話して下さったり、体が良くなったと言ってもらえるのは嬉しいですし、「良くなりましたね」という声掛けが利用者様のモチベーションにもなります。コミュニケーションはとても大事。できれば楽しく訓練して笑顔で帰っていただきたいですから。

理学療法学科2008年卒業

阿部  旭 さん

勤務先:医療法人 社団 脳健会 仙台リハビリテーション病院

ページのトップへ